写真はイメージです

深キョンこと女優の深田恭子さんが適応障害(てきおうしょうがい)と診断され当面の間、活動を休止すると発表されました。適応障害という言葉は、あまり聞きなれない言葉ですが、適応障害とはどのようなものなのでしょうか?この記事では、適応障害とはどのようなものなのか?適応障害の症状適応障害になりやすい人適応障害の治し方について解説いたします。

スポンサードリンク

適応障害とは、どのようなものなのか?

適応障害(てきおうしょうがい)とは、ストレスが原因で引き起こされる感情や行動によって、仕事、学業、家事、育児などの社会的機能が阻害され、困難になっている状態を言います。適応障害の原因となるストレスは、PTSD(Post Traumatic Stress Disorder:心的外傷後ストレス障害)とは異なり、職場学校での出来事人間関係日常生活で起こりうるストレスが原因です。

適応障害の症状とは?

写真はイメージです

適応障害の症状は、人によって異なります。適応障害では、以下のような症状が現れます。

❶何をしていても楽しくない

❷興味がわかない

❸むなしい気持ちになる

❹イライラ感がつのる

❺物事を悪い方向へと考える

❻外出するのが面倒になる

❼身なりを整える気力がわかない

❽不安な気持ちになる

❾イライラ感が募る

❿緊張感が続く

スポンサードリンク

適応障害になりやすい4つの原因

写真はイメージです

適応障害ストレスによって感情や行動に様々な症状が出て、生活が阻害されるものです。ストレスは、人によって様々であり、嫌な事や、つらいことだけを指すわけではありません。適応障害は以下のような4つの影響(または刺激)によって引き起こされます。

❶天気、騒音、気温、火山などによる環境による刺激

❷病気、疲労、睡眠不足などの身体が受けた影響

❸恐怖、不安、悩みなど心の中で受けた影響

❹人間関係、仕事で忙しい、学校でうまくいかないなど社会生活による刺激

スポンサードリンク

適応障害の治し方は?

写真はイメージです

適応障害の治療法の1つは、「ストレス因の除去」です。これは、環境調整を行うことです。例えば、暴力をふるう恋人から離れるために助けを求めることや、休職をして、職場環境から一度離れるなどが、これに当たります。ストレスの要因を取り除ける、あるいは、離れられるものであれば、この方法は可能ですが、自分の意志では、変えられない場合は、本人がその環境に合わせて、行動や意識を変えて適応する力を高める方法があります。その場合は、出来事への考え方を修正したり、行動の仕方を変えたりして気分をコントロールを行う「認知行動療法」や、気分はあるがままにして、建設的な行動に打ち込むように導く「森田療法」などが選択されることもあります。

まとめ

「適応障害とは、どのようなものか?」「適応障害の症状」「適応障害になりやすい4つの原因」「適応障害の治し方」について説明いたしました。適応障害は誰にでもなりうるものです。以下の症状が長く続くようでしたら、一度、お医者さんに相談してみると良いでしょう。

❶何をしていても楽しくない

❷興味がわかない

❸むなしい気持ちになる

❹イライラ感がつのる

❺物事を悪い方向へと考える

❻外出するのが面倒になる

❼身なりを整える気力がわかない

❽不安な気持ちになる

❾イライラ感が募る

❿緊張感が続く

スポンサードリンク