写真はイメージです。

たばこの煙には、5,300種類以上の科学物質が含まれています。その中でも200種類以上が有害物質であり、発がん性物質は50種類以上にのぼります。有害物質の中でもよく知られているのが、たばこの三大有害物質と呼ばれているニコチン(nicotine)タール(tar)一酸化炭素でしょう。それ以外にも、ペンキ除去剤に使われるアセトン(acetone)、アリの駆除に使われるヒ素(arsenic)、車のバッテリーに使われているカドミウム(cadmium)が含まれています。これだけでも、たばこが如何に有害であるかお分かりいただけると思います。

たばこを吸うと寿命が8年~10年短くなるリスク!!

日本医師会の調査結果によると日本人では、20歳前から喫煙をはじめると男性でー8年女性でー10年寿命が短くなることが分かっています。喫煙は、寿命を削って一時の至福感を得ているのです。

では、喫煙が引き起こす病気ランキング1位から6位を発表いたします。

スポンサードリンク

喫煙病気ランキング1位 癌(がん)

喫煙病気ランキング1位は癌(がん)です。たばこに含まれている発がん性物質が肺から吸収されて血液に入り、臓器に入ること以下のような癌が発生します。また、喫煙者の相対危険度は、非喫煙者の2倍以上になります。

・肺がん(はいがん)

・口腔がん(こうくうがん)

咽頭がん(いんとうがん)

・鼻腔がん(びくうがん)

副鼻腔がん(ふくびくうがん)

食道がん(しょくどうがん)

胃がん(いがん)

肝臓がん(かんぞうがん)

脾臓がん(ひぞうがん)

膀胱がん(ぼうこうがん)

子宮がん(しきゅうがん)

喫煙病気ランキング2位 呼吸器疾患

喫煙病気ランキング2位は、呼吸器系疾患(こきゅうきけいしっかん)です。呼吸器疾患は、臓器が直接たばこの煙と触れることによるもの以下のような病気にかかりやすくなります。

・慢性気管支炎(まんせいきかんしえん)

肺結核(はいけっかく)

肺気腫(はいきしゅ)

気管支ぜんそく(きかんしぜんそく)

スポンサードリンク

喫煙病気ランキング3位 循環器疾患

喫煙病気ランキング3位は、循環器系疾患(じゅんかんきけいしっかん)です。循環器疾患は、動脈硬化を促進する一酸化炭素や血圧を上げるニコチンなどによるものです。たばこを吸うと以下のような循環器系の病気にかかりやすくなります。

・狭心症(きょうしんしょう)

心筋梗塞(しんきんこうそく)

冠動脈疾患(かんどうみゃくしっかん)

脳卒中(のうそっちゅう)

末梢動脈疾患(みしょうどうみゃくしっかん)

大動脈解離(だいどうみゃくかいり)

腹部大動脈瘤(ふくぶだいどうみゃくりゅう)

喫煙病気ランキング4位 消化器疾患

喫煙病気ランキング4位は、消化器系疾患(しょうかきけいしっかん)です。消化器系疾患は、ニコチンが自律神経に作用して胃腸の血流を低下させ組織の機能低下を引き起こし以下の消化器系疾患にかかりやすくなります。

・胃潰瘍(いかいよう)

十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)

潰瘍性大腸炎かいようせいだいちょうえん)

スポンサードリンク

喫煙病気ランキング5位 生殖機能低下

喫煙病気ランキング5位は、生殖機能低下(せいしょくきのうていか)です。喫煙は、生殖機能に大きな悪影響を与え、妊娠しにくくなります。喫煙が生殖機能に及ぼす影響を以下に記載します。

タバコを吸う女性

・卵巣機能が低下し女性ホルモンの分泌が減少します。

・卵巣年齢が5~10歳老化し、閉経を5年から10年早めます。

・卵巣の質が悪くなります。

・子宮内膜が薄くなり妊娠しにくくなります。

・子宮や卵巣の血管が細くなり妊娠しにくくなります。

・子宮外妊娠のリスクが高まります。

・対外受精を行っても成功率が半分になります。

・流産しやすくなります。

タバコを吸う男性

・精子数が減ります。

・精子の運動率が低下します。

・精子の質が低下します。

喫煙病気ランキング6位 歯周病

喫煙病気ランキング6位は、歯周病(ししゅうびょう)です。たばこを吸うと、口が臭い、歯にヤニが付いたりするだけではなく、ニコチンの作用により歯茎の結構が悪くなり、歯周病にかかりやすくなります。また、喫煙者が、歯周病の治療をしても治りにくいことも分かっています。ある統計データでは、歯周病にかかる危険は、1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上タバコを吸っていると4.3倍に上がります。また、重症化しやすくなります。

スポンサードリンク

まとめ

喫煙が引き起こす病気ランキング1位から6位を紹介しました。命に係わる病気が沢山あります。また、20歳よりも前からタバコを吸っていると、男性でー8年、女性でー10年寿命が短くなるのは驚きでした。タバコは、「百害あって一利なし」と言われていますが、臭い、病気にかかりやすい、お金がかかるなど、正にその通りです。今からでも遅くはありません。少しでも、長生きしたいのであれば、タバコをやめませんか?(簡単なことではありませんが)