鯉のぼり(こいのぼり)

こどもの日といえば、やっぱり鯉のぼりです。こどもの日に鯉のぼりを飾ることは、当たり前のように行われていますが、こどもの日に、なぜ、鯉のぼりを飾るのか、鯉のぼりの名称、鯉のぼりの種類などを知っている人は多くないと思います。わたしも、この記事を書くまでは知りませんでした(笑い)。この記事では、「鯉のぼりをこどもの日に飾る意味」「のぼりの名称」「鯉のぼりの種類」について説明したいと思います。あなたの一般常識として脳にインプットされれば幸いです。

スポンサードリンク

鯉のぼりをこどもの日に飾る意味とは?

鯉のぼりは、江戸時代に、武家ではじまった日本の風習で、端午の節句(たんごのせっく)に男の子の健やかな成長を願い、家の庭先に飾る紙や布で鯉の形を模したのぼりです。鯉は、とても生命力がある魚で、大きくて、丈夫で、きれいな川でなくても生きていけるため、鯉のぼりには、「子供に強く、たくましく育って欲しい」という意味が込められています。

スポンサードリンク

鯉のぼりの名前

鯉のぼりには、それぞれ名前があり、それぞれ意味を持っています。鯉のぼりの名前と意味を以下に説明します。

①矢車(やぐるま)

竿の先に付いている矢車(やぐるま)は、神様に子供の誕生を知らせる意味があります。また、矢は、昔から邪悪な物を射るということから、魔よけの意味があります。

②吹流し(ふきながし)

黒い鯉の上を泳いでいる五色ののぼりは、吹流し(ふきながし)といいます。五色の色は、中国の「陰陽五行説」(いんようごぎょうせつ)からきており木、火、土、金、水の五行を表しており吹流しは、とても縁起の良い意味を持っています。

③真鯉(まごい)

黒い鯉のぼり真鯉(まごい)といいます。

④緋鯉(ひごい)

赤や青の鯉のぼり緋鯉(ひごい)といいます。

スポンサードリンク

鯉のぼりの色の意味は時代によって異なる

こいのぼり(作詞:近藤宮子 作曲不明)という歌があります。歌詞は以下のようなものです。

屋根より高い 鯉のぼり

大きい真鯉お父さん

小さい緋鯉こどもたち

面白そうに 泳いでる

こいのぼりは、昭和6年に発表された歌です。この歌では、真鯉=お父さん、緋鯉=こどもたちと歌われています。実は、時代によって、真鯉と緋鯉の意味が異なるのです。

①江戸時代

江戸時代の鯉のぼりは、黒い鯉のぼり(緋鯉)しかありませんでした。江戸時代では緋鯉は、「子供」の意味でした。

②明治時代~昭和30年代

明治時代~昭和30年代では、黒い鯉のぼり(緋鯉)は、「お父さん」赤や青の鯉のぼり(緋鯉)は、「子供」の意味でした。

③昭和39年以降

昭和39年以降は、黒い鯉のぼり(真鯉)は、「お父さん」赤い鯉のぼりは、「お母さん」それ以外の色の鯉のぼりは、「子供」の意味になりました。

スポンサードリンク

まとめ

鯉のぼりを飾る意味鯉のぼりの名前鯉のぼりの色について説明いたしました。もしも、お子さんに質問された時には、答えの参考にして下さい。