写真はイメージです。

2020年9月28日現在、新型コロナウイル関連の負債1000万円未満を含む経営破たんが556件に達しました。新型コロナウイルス関連の経営破たんは、9月に入って増勢基調が鮮明になっており、新型コロナ前の売上水準に回復するまでには時間が必要であり、新たな支援策がない場合には、破たん件数が更に加速する可能性があります。本記事では、新型コロナウイルス関連の業種別破たん件数、都道府県別破たん件数、破たん件数の推移についてお話しいたします。

スポンサードリンク

コロナ破たん業種別件数

写真はイメージです。

新型コロナウイルス関連の業種別破たん件数を見てみましょう。業種別では、飲食店が80件と最多で、ホテル・旅館が56件アパレル・雑貨小売店が38件と続きます。

図1 コロナ関連破たん業種別件数
引用元:帝国データバンク

1位 飲食店 80件
2位 ホテル・旅館 56件
3位 アパレル・雑貨小売店 38件
4位 建設・工事業 35件
5位 食品卸 34件
6位 アパレル卸 22件
7位 食品製造 20件
8位 食品小売 18件
9位 アパレル製造 15件
10位 タクシー・バス運行 11件
11位 結婚式場・葬儀社 9件
12位 印刷・製版 9件
13位 旅行代理業 7件
14位 不動産 7件
15位 美容室 6件
16位 木材卸 5件
17位 自動車部品製造 5件
18位 人材派遣 5件
19位 スポーツジム 5件
20位 広告 5件
21位 整骨院・整体 5件
22位 自動車小売 4件
23位 パチンコホール 4件
24位 自動車運送 4件
25位 出版 3件
26位 玩具卸 3件
その他 141件

スポンサードリンク

コロナ破たん都道府県別件数

都道府県別破たん件数を以下に記載します。都道府県別では、東京都の136件が最多で、大阪府の59件北海道の27件と続きます。図

図2 コロナ関連破たん都道府県別件数
引用元:帝国データバンク

1位 東京都 136件
2位 大阪府 59件
3位 北海道 27件
4位 兵庫県 26件
5位 愛知県 25件
6位 神奈川県 23件
6位 静岡県 23件
8位 栃木県 18件
9位 福岡県 15件
10位 広島県 14件
11位 福島県 13件
12位 埼玉県 12件
13位 長野県 11件
14位 岡山県 10件
14位 千葉県 10件
16位 群馬県 9件
16位 岐阜県 9件
16位 京都府 9件
16位 熊本県 9件
20位 石川県 8件
20位 新潟県 8件
22位 青森県 7件
22位 大分県 7件
24位 宮城県 6件
25位 三重県 5件
25位 山口県 5件
25位 佐賀県 5件
28位 岩手県 4件
28位 福井県 4件
28位 富山県 4件
28位 滋賀県 4件
28位 香川県 4件
28位 宮崎県 4件
28位 沖縄県 4件
35位 茨城県 3件
36位 秋田県 2件
36位 山形県 2件
36位 奈良県 2件
36位 徳島県 2件
36位 愛媛県 2件
36位 長崎県 2件
36位 鹿児島県 2件
43位 山梨県 1件
45位 和歌山県 1件
45位 鳥取県 1件
47位 島根県 0件
47位 高知県 0件
合計:556件

スポンサードリンク

コロナ破たん件数推移

2020年2月から9月のコロナ破たん件数の推移を「図3.コロナ破たん件数推移」に示します。

図3 コロナ破たん件数推移
引用元:帝国データバンク

スポンサードリンク

まとめ

新型コロナウイルス関連の業種別破たん件数、都道府県別破たん件数、破たん件数の推移についてお話しいたしました。個人的な意見ですが、経済を回す為、営業自粛は行わず、政府の保証やコロナ対策を行なうための支援が必要だと思います。1日も早く新型コロナウイルスの感染が終息することを願います。